これがダイナースクラブの強み!グルメ特典は他のステータスカードを凌駕している!

ダイナースクラブカードを申し込もう思っている方へ!「本当に必要ですか?」ステータスだけのための申し込みでは正直勿体無いです。しかしダイナースの特典やサービスを理解し利用したいと思っている方、大型の新規申し込みキャンペーンに乗っかりたいと思っている方々にとっては非常にメリットがあります。

特にダイナースの強みは「グルメ」です。グルメに関する特典は他のステータスカードを圧倒しています。今回はダイナースのグルメに関する特典の何がすごいのかを中心に解説しますので、今一度あなたにとって必要なクレジットカードなのかをご検討ください。





ダイナース基本情報

カードスペック

名前 ダイナースクラブカード
申し込み対象 27歳以上かつ年収500万円以上の方(目安)
年会費(本会員) 22,000円(税別)
年会費(家族会員) 5,000円(税別)
ポイント還元率 1%
ETCカード 年会費無料
電子マネー チャージ  モバイルSuica、楽天Edy(どちらもポイント対象外)
Apple Pay  ✖︎
マイル  ANA、アリタリア-イタリア航空、大韓航空、デルタ、ユナイテッド

カード利用限度額

利用可能枠は一律の制限なし。ただし際限なく使えるといった意味ではありません。また高額利用の場合は、「一時的にカード使用が保留」となる場合があります。高額仕様の場合は事前にダイナースに連絡して確認しましょう。

海外旅行傷害保険(自動付帯、一部利用付帯)

保険金の種類 本会員/家族カード会員
傷害死亡・後遺障害 最高1億円(自動付帯;5,000万円、利用付帯;5,000万円)
傷害治療費用 300万円(自動付帯)
疾病治療費用 300万円(自動付帯)
賠償責任 1億円(自動付帯)
携行品損害 50万円(自動付帯)
救援者費用 300万円(自動付帯)

国内旅行傷害保険(利用付帯)

保険金の種類 本会員/家族カード会員
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
入院 日額5,000円
手術 手術の種類に応じて5万円・10万円・20万円
通院 日額3,000円

ショッピング・リカバリー

ダイナースで購入した商品が壊れた場合や盗まれた場合などに補償される。

本会員・家族会員
年間補償限度額 500万円
自己負担額 1品につき10,000円

各種保険の内容は以上となります。内容はゴールドカード以上といったところでしょうか。ただし、家族会員も同じ補償内容はメリットですね。

ダイナースクラブカードの特典をご紹介!

  1. ザ・ペニンシュラホテルズ特別優待
  2. ハイアットホテルズ&リゾーツ特別優待
  3. 国内・海外のクラブホテルズで優待
  4. 一休プレミアサービスの「プラチナ会員」のサービス
  5. ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの優待
  6. 国内・海外の600ヵ所以上の空港ラウンジを使用できる
  7. 旅行の手配や相談ができる「トラベルデスク」がある
  8. レストランオススメの特別コースを1名無料で食べられる(エグゼクティブダイニング)
  9. レストランでおもてなしの優待がある(おもてなしプラン)
  10. 予約困難な高級料亭をダイナースが予約してくれる(料亭プラン)
  11. 支払い時のカード提示、サイン不要(サインレス・スタイル)
  12. 銀座のバーやクラブの優待サービス(ナイト・イン・銀座)
  13. アラン・デュカスが運営するレストランの特典
  14. 優良飲食店のキャンセル席をダイナースLINEを通して予約(ごひいき予約)
  15. 名門ゴルフ場を優待価格で

以上がダイナースの主な特典となります。たくさんの特典がありすごくいいカードなのですが、この特典のほとんどが他のステータスカードと被っている内容なのです。

しかし

これら特典の中で他のステータスカードよりも突出している特典があります。

それがグルメに関する特典なのです!!

食事を楽しみたい方はダイナースカードは非常におすすめです!!





ダイナースのグルメ特典

エグゼクティブダイニング

画像はイメージです

エグゼクティブダイニングとは対象レストランの所定のコース料金の1名分もしくは2名分が無料になる特典です。

  • 通常プラン(全店舗対象);カード会員を含む2名以上で所定のコース料理を利用すると、1名分のコース料金が無料
  • グループ特別プラン(対象レストランのみ);カード会員を含む6名以上で所定のコース料理を利用すると、2名分のコース料金が無料

ダイナースじゃなくてもこの特典を付与しているクレカはあります。

しかしダイナースが数で圧倒しています!!

ステータスカード(特典) 店舗数
ダイナースプレミアム(エグゼクティブダイニング) 約360店舗
ダイナース(エグゼクティブダイニング) 約270店舗
アメックスゴールドなど(招待日和系のサービス) 約230店舗
JCBプラチナなど(グルメベネフィット) 約140店舗
三井住友プラチナカード(プラチナグルメクーポン) 約100店舗

※上記の店舗数は変更されることがあります。

他のクレカのサービスと比較してみると一目瞭然です。ダイナースはグルメに力を入れています。

グルメサービスの中でもこのエグゼクティブダイニングが特に利用するサービスかと思います。グルメの方にはこのサービスのためだけでもカードを保有するメリットがあるかと思います。

残念なのは大都市に店舗が集中してます。もっと地方の店舗が増えれば旅行の機会に利用できるので、今後は地方の店舗も増やしていただきたいです。

さらに海外にも力を入れてもらいたいです。

おもてなしプラン

画像はイメージです

対象レストランごとに「おもてなしの特別なサービス」を提供してくれます。

例;東京店舗

  • 柿安銀座店;一人につき1杯ウェウカムドリンク(グラススパークリング゙、生ビール、ソフトドリンク)サービス
  • アジュールフォーティーファイブ;ウェルカムドリンクを1名につき1杯ご提供※ランチタイムはスパークリングワイン、ディナータイムはシャンパンをご提供

以上を含む90店舗以上のレストランで「おもてなしプラン」の提供があります。

料亭プラン

画像はイメージです

通常では予約困難な高級料亭をダイナースが予約してくれるプランです。

店舗一覧

  • 赤坂;浅田
  • 銀座;金田中(通常は一見さんお断り)
  • 名古屋;松楓閣
  • 名古屋;料亭香楽
  • 名古屋;料亭か茂免
  • 神楽坂;牧
  • 銀座;米村(通常は一見さんお断り)
  • 銀座;東京吉兆(東京本店)(通常は一見さんお断り)
  • 築地;新喜楽(通常は一見さんお断り)

一見さんお断りのお店にも行くことができるこのサービスは、他のクレカではなかなか見ないダイナース独自の特典です。高級料亭での味を堪能することができます。

料亭プランは現在のところ9店舗となっています。

サインレス・スタイル

対象のレストランでは、会計時にカードの提示やサインなど不要で支払いを済ませることができます。このサービスはダイナースのみで他のクレカにはありません。支払い時もスマートに、まさに「大人のサービス」です。

約32店舗でサインレスのサービスが利用できます。

ナイト・イン・銀座

画像はイメージです

銀座のバーやクラブでの優待サービスを提供。

BAR 優待内容

ウェルカムドリンクを1杯サービス。

  • BAREVITA
  • Ginza Zenith
  • ガスライト銀座
  • ガスライトEVE
  • BAR yu-nagi

CLUB 優待内容

初回の利用時のみ、一人35,000円の特別料金(1時間半/接客料、税・サ込/ボトル・料理代は別料金)

  • ニュー・パルテノン
  • クラブ舞花
  • クラブベルベ
  • クラブ凛

アラン・デュカスが運営するレストランの特典

パートナーシップ内容

  1. イベント
  2. 国内外レストランの優待サービス

対象店舗

  • ベージュ アラン・デュカス 東京(銀座)
  • ビストロ ブノワ(東京・青山)

ごひいき予約

優良飲食店のキャンセル席をダイナースLINEを通して予約が可能。

対象店舗一例

  • うぶか
  • 81(エイティーワン)
  • 恵比寿 くろいわ
  • KEISUKE MATSUSHIMA
  • 銀座 小十
  • 鮨 心白(しんぱく)
  • 日本料理 晴山
  • セララバアド
  • TAKAZAWA
  • ナベノ-イズム
  • NARISAWA
  • 日本料理 龍吟
  • 青空(はるたか)
  • フルタ
  • リストランテ ラ・バリック トウキョウ など

予約の取りづらい有名店を含む様々な飲食店で生じたキャンセル席をダイナースクラブが買い取り、会員の方へ即時公開をするサービスです。とてもおもしろサービスです。有名店などは急な連絡ですとなかなか予約することができないことがありますが、このサービスを利用すれば直前の予約でも取ることが出来そうです。





大型の新規入会キャンペーン

ダイナースは定期的に大型の新規入会キャンペーンを実施しています。こちらもダイナース申し込みメリットとして非常におすすめの内容となっています。

現在(2019年7月)のキャンペーンも非常に魅力的となっています。下記で徹底解説しています。

2019年6月から始まったダイナースクラブカード入会キャンペーンがとんでもなくおすすめです。なんと新規入会、3ヶ月間限定でポイント10倍もらえちゃうキャンペーンなん...

申し込みに関しては上記でもご紹介していますが2通りあります。

  1. ダイナースサイトから直接申し込み
  2. ポイントサイト経由での申し込み

お得なのはポイントサイト経由からの申し込みとなっています。

ポイントサイトの予定がない場合は直でダイナースを申し込みましょう!



ダイナースクラブカード

まとめ

今回はダイナースが他のステータスカードと比較して圧倒している特典「グルメ特典」についてご紹介しました。年会費;22,000円(税別)という高額年会費のカードです。月にすると2,000円(税別)ほどと考えると保有できる感じとなりますが、特典を利用しなければ保有する意味がありません。

ダイナースの強みである「グルメ」に関してご興味がある方々にとっては非常にメリットがあります、ダイナースのサービスを利用して多くのお店の味を堪能してみてはいかがでしょうか。



ダイナースクラブカード




トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です