初ディズニーの方必見!ビビリな私が思う東京ディズニーリゾートの絶叫系ランキング

これから初めて東京ディズニーリゾートへ行かれるための方に、あるいは行ったことはあるけど絶叫系は苦手でも今度乗らなくてはならない・・・など東京ディズニーリゾートの絶叫系に関してビビリな私がランキング形式でご紹介していきたいと思います。どうすれば気持ちが落ち着くかなども踏まえてお話ししていきます。

スポンサーリンク

東京ディズニーリゾートの絶叫系

東京ディズニーランド

  • ガジェットのゴーコースター
  • スプラッシュ・マウンテン
  • スペース・マウンテン
  • ビッグサンダー・マウンテン

東京ディズニーシー

  • インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮
  • センター・オブ・ジ・アース
  • タワー・オブ・テラー
  • フランダーのフライングフィッシュコースター
  • レイジングスピリッツ

これらが私の中では東京ディズニーリゾートの絶叫系に分類できるアトラクションであると思います。ではそれぞれをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

ちなみに私のビビリ具合は小学生の頃に初めて乗った「ビッグサンダー・マウンテン」が怖すぎて安全バーにしがみつきながらずっと下を向いていました。ここからもう絶叫系はダメになりその後は20歳になるまで事あるごとに絶叫系は拒否していました。

それからしばらくして妻と出会い絶叫系にどうしても乗らなくてはならなくなったのです!なんと妻は大のディズニー好きであり、大の絶叫好きでした。ここから私の絶叫系との戦いが始まりました。

東京ディズニーランド絶叫度ランキング

第4位

ガジェットのゴーコースター ★☆☆☆☆(スリル度)

あの恐怖の日から再び絶叫系に乗る日がきました。笑われてしまうと思いますが、まずは慣れが必要という事で、トゥーンタウン内にあるジェットコースター「ガジェットのゴーコースター」に乗ることにしました。こちらではちっちゃい子供達がたくさん並んでいました。

もう20歳を超えている(当時)私にとってはこちらは余裕でした。「これは大丈夫!」と思いながら2回連続で乗りまずコースターに慣れるは完了です。初めてのジェットコースター入門には最適かと思います。

第3位

ビッグサンダー・マウンテン ★★☆☆☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満を辞して再び挑戦する時がきました。「ガジェットのゴーコースター」で練習後に乗ってみると以外とそんなに怖いことなく乗ることができました。

この「ビッグサンダー・マウンテン 」はというよりもジェットコースター全般そうかもしれませんが、「身を任せたほうが良い」ということです。私も怖いあまり「しがみつきながらずっと下を向いていた」ことが余計に恐怖を感じていたのです。

しっかりと景色を見ながら、流れに身を任せてみると以外とそんなに怖いことはありませんでした。ジェットコースター初心者の方でも「ビッグサンダー・マウンテン 」は大丈夫です!

第2位

スプラッシュ・マウンテン ★★★☆☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これも言わずと知れた大人気アトラクション『南部の唄』の世界をボートで旅していきます。

とっても可愛い世界を旅していくのですが・・・最後は最大傾斜45度から一気にダイビング!!

ネタバレになりますが、途中でもダイブするところは何度かあります。しかし最後のダイブとは違い軽いダイブで練習というか、少し気持ちを整えさせてくれるのです。

そして最後のダイブは私みたいなビビリには正直初めて乗ったときは怖かったです。何本も乗ってるいまでも頂上についたときは力みます。

ただ怖いのはほんの一瞬です!安全バーに捕まってればすぐに終わります。終わった後は楽しい歌で心が和みますのでぜひトライしてみてください。

ちなみに「スプラッシュ・マウンテン」最後のダイブ時に記念撮影があります!こちらもある日の写真なのですが、真ん中の4人家族は海外からの旅行で来られたみたいで、妹が4〜5歳だと思うのですがこの瞬間だけ「この世の終わり」のような恐怖の顔をしていました。しかし、その後は笑顔でしたので楽しめたみたいでよかったです。

第1位

スペースマウンテン ★★★★☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私の中でのディズニーランド絶叫系の第1位は「スペースマウンテン」です。暗闇の中を疾走していくコースターなのですが、どっちに進んでいくかわからないのが怖さのポイントです。初めて乗ったときはめちゃくちゃ怖かったです。今でもスペースマウンテンが一番怖いのでできるだけ避けています。

またネタバレになりますが、一つポイントがあります。それは先頭の方に乗った時のみですが暗闇でも目が慣れてくるとある程度進む方向がわかります。レールが少し見えるのです。なので曲がる方向にあらかじめ傾ける準備をしておけば少し楽です。

このスペースマウンテンはディズニーランドの中で一番速いアトラクションです、一回転などはありませんので、速さに問題なければいけると思います。

ちなみにスペースマウンテンはアトラクションを待つ途中に「エスケープゾーン」がいくつか用意されています。もし厳しいと感じた場合はそこから脱出できますのでご安心を(笑)

以上ディズニーランドの絶叫系ランキングでした。

スポンサーリンク

東京ディズニーシー絶叫系ランキング

第5位

フランダーのフライングフィッシュコースター ★☆☆☆☆(スリル度)

マーメイドラグーンエリアの屋外にあるジェットコースターです。ディズニーランドの「ガジェットのゴーコースター」と同じような感じなのでジェットコースターの入門には最適かと思います。

第4位

インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮 ★☆☆☆☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「インディ・ジョーンズ」は私が大好きなアトラクションの一つです!ライドタイプのアトラクションですが疾走したり落ちたりとかはありません。ただ、上下左右に揺れるのと爆音の部分があるのでそれらが問題なければ楽しんで乗ることができます。非常にオススメのアトラクションです!

第3位

レイジングスピリッツ ★★☆☆☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第3位はロストリバーデルタエリアにある「レイジングスピリッツ」です。このアトラクションは1回転します。私は1回転のアトラクションはこのレイジングスピリッツが初めてでした。初めての時はかなり緊張して乗りましたが、以外とあっさり乗れました。

基本的には短いビッグサンダーマウンテンみたいなものです。1回転するのは一度だけで、ポイントとしては背中から頭までしっかりと背もたれに固定しておきましょう。そうすればそれほど怖くなく乗ることができます。

第2位

タワー・オブ・テラー ★★★☆☆(スリル度

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

第2位はアメリカンウォーターフロントエリアにある「タワー・オブ・テラー」です。これは、垂直に落下するアトラクションです。垂直落下式のアトラクションに乗るのはこの「タワー・オブ・テラー」が初めてでした。初めて乗った時の感想は・・・正直怖かったです。落ちる瞬間にフワッと身体が浮くとき全身がブルッとします。なんとも表現しづらいですが怖かったです。

長い距離落下することはないので、掴まれるところにしがみついて耐えましょう(笑)他の遊園地のフリーフォールよりは優しいと思いますのでぜひ挑戦してみましょう!

第1位

センター・オブ・ジ・アース ★★★★☆(スリル度)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ディズニーシーの栄えある第1位はミステリアスアイランドエリアにある「センター・オブ・ジ・アース」です。地底世界を探検していくアトラクションなのですが・・・

突然の火山活動発生、最後は急加速から一気に急降下するアトラクションです。ディズニーランドの「スプラッシュ・マウンテン」の最後だけ早いバージョンです。最初はめちゃくちゃビビりました。今でも最後の急降下の時は少しドキドキします。

急加速の合図は「怪獣」です。こいつが出てきたら急加速スタートですので諦めましょう(笑)「センター・オブ・ジ・アース」は非常にスリルのバランスがよく、爆音あり、揺れあり、炎で熱い箇所あり、急加速、急降下ありととても盛りだくさんのアトラクションとなっています。

ただ結果的には最後の一瞬だけ頑張れば乗れますので、こちらも挑戦してみましょう。

以上東京ディズニーシーの絶叫系ランキングでした。

まとめ

今回はビビリな私が思う東京ディズニーリゾートの絶叫系ランキングをご紹介しました。全体の中では「スペースマウンテン」と「センター・オブ・ジ・アース」が一番怖いと感じました。どちらも同率一位といった感じです。

これから初めて行かれる方やまだこれらのアトラクションに乗ったことがない方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク



トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です