一般の方でも利用可能!羽田空港JAL国内線のサクララウンジに入るための条件・ラウンジの様子などを徹底解説!

旅行やビジネスで羽田空港を利用する方は非常に多いかと思います。今回は羽田空港の第1ターミナルにあるJALのサクララウンジについて、入るための条件・ラウンジの様子などをご紹介していきます。実は羽田空港サクララウンジは一般の方でも利用できちゃうのです!

スポンサーリンク

羽田空港サクララウンジ(国内線)基本情報

ラウンジの場所 第1ターミナル 南ウイング3階 第1ターミナル 北ウイング3階
営業時間 5:15~最終便出発まで 5:30~最終便出発まで
設備 座席数:約350席(喫煙エリアあり) 座席数:約390席(喫煙エリアあり)
ファックス(送信のみ)、無線LANサービス、シャワー(6:30~)、喫煙室、トイレ
サービス内容 ソフトドリンク、アルコール類、おつまみ、新聞、雑誌

JALに乗る方は羽田空港の第1ターミナルに行きます。サクララウンジは北ウイングと南ウイングの2箇所にあります。

保安検査場を通過すると・・・

こんな感じのところに入っていく人を見かけたことがありませんか!?ここがサクララウンジの入り口です!

羽田空港サクララウンジ(国内線)入るための条件

サクララウンジはどんな方が利用できるのでしょうか?航空会社のラウンジを利用するには、一般的には各航空会社の上級会員になると利用することができます。

サクララウンジの場合はどうでしょうか?

利用対象の会員の方

  • JAL国内線ファーストクラスに搭乗の方(当日当該空港から出発または同クラスに当日乗り継ぎの方)同行者1名も利用可能
  • JAL国際線ファーストクラス、ビジネスクラスからもしくは同クラスへ翌日午前6時までに乗り継ぎの方国際線ファーストクラス利用の場合同行者1名も利用可能
  • JMBダイヤモンド会員(同行者1名も利用可能、2人、3人目はラウンジクーポンで利用可能)
  • JGCプレミア会員(同行者1名も利用可能、2人、3人目はラウンジクーポンで利用可能)
  • JMBサファイア会員(同行者1名も利用可能、2人、3人目はラウンジクーポンで利用可能)
  • JALグローバルクラブ(同行者1名も利用可能、2人、3人目はラウンジクーポンで利用可能)
  • JMBクリスタル(会員本人のみラウンジクーポンで利用可能)
  • ワンワールドエリートステイタスの「エメラルド」「サファイア」会員(同行者1名も利用可能)

以上がサクララウンジ利用対象者です。飛行機でグレードの高い座席に乗るか、JALの上級会員の方がサクララウンジを利用できます。

しかし、羽田空港の国内線サクララウンジは高グレードの座席でない、また会員でない方でも利用することができるのです。

利用対象の一般の方

対象となる方 国内線個人運賃、または国内線特典航空券にて羽田発JALグループ便を利用の方。

※ツアー運賃で搭乗の場合は利用不可

対象ラウンジ 羽田空港の国内線サクララウンジ(南ウイングおよび北ウイング)
利用時間 搭乗日当日、5:30~最終便出発まで利用可能
申込方法 事前にWEBまたはモバイルサイトで申込が必要。(搭乗2ヵ月前同一日9時30分~ご搭乗前日18時まで)
利用料金 一人; 3,000円
(小児も同額、なお満3才未満のお子さまは無料。)
支払い方法 搭乗日当日、日本円・現金で支払い。(クレジットカードやクーポンなど、その他の支払い手段は利用できない。)
入室方法 予約確認書(メールまたは印刷したもの)を、出発当日、ラウンジの受付に提示し、料金を支払う。
その際、eチケットや搭乗券など、搭乗に必要なものも確認があります。

1人;3000円で羽田空港の国内線サクララウンジを利用することができます。

値段としてはなかなか高いと私は思います。その理由は国際線のラウンジとは違い、国内線サクララウンジのサービス内容は「ソフトドリンク、アルコール類、おつまみ、新聞、雑誌」などだからです。

よく空港ラウンジってビュッフェみたいな感じの食事と豊富なドリンク(アルコール含め)を飲み放題ってイメージする方も多いと思いますが、それは国際線のラウンジです。国内線はドリンクに関してはいくつか種類がありますが、食事としてはおつまみとなるスナック程度です。さらに上級会員の「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」でも食事は軽食程度(パン、スープ、おにぎり、味噌汁など)です。

もちろんメリットはあります。空港が混雑している時にラウンジを利用したいと思っても、カードラウンジにはたくさんの人がいるかと思います。

しかし、サクララウンジは座席数が違います。以下をご確認ください。

羽田空港第1ターミナルのカードラウンジは3箇所あり・・・

  1. POWER LOUNGE SOUTH;133席
  2. POWER LOUNGE NORTH;150席
  3. エアポートラウンジ;28席

対してサクララウンジは・・・

  1. サクララウンジ南ウイング;350席
  2. サクララウンジ北ウイング;390席

座席数が圧倒的に違いますのでゆっくりできる可能性は高いかと思います。

その他は限られるかとは思いますが、シャワーを利用できることもメリットかと思います。

スポンサーリンク

サクララウンジの様子

エントランスからレセプション、ラウンジ入室

一般の保安検査場あるいはJGCエントランス、ダイヤモンド・プレミア専用セキュリティーゲートを通過後ラウンジエントランスから入室しましょう。

 

エスカレーターで上階へ

上階にはレセプションがありますので、ファーストクラス利用者、およびJAL上級会員の方は端末に二次元バーコードをタッチしましょう。ラウンジクーポンを使用する方はスタッフに提示し、一般の方は確認書の提示および料金の支払いを済ませましょう。

入室し、廊下を抜けると

ラウンジエリアが広がっています。

多方面からラウンジの様子を見てみましょう!

ラウンジエリア

こちらはバーラウンジタイプです。

 

こちらはライブラリーエリアです。

こんな感じのプライベートエリアもあります。

マッサージなんてのもいいですね!

JALを見ながらも良いですね!!

このように様々なタイプのエリアがあります。

レディースラウンジ

サクララウンジには女性専用のラウンジエリアが設けられています。

 

南北のサクララウンジに8席ずつあります。

ゆっくりと身支度ができるので女性の方にとっては嬉しいエリアかと思います。

こどもラウンジ

小さなお子さまと一緒にくつろげる、楽しめるをコンセプトに、こどもビームス全面監修のエリアとなっています。

こどもと一緒に飛行機を見ながらくつろいだり

クッションプールで遊んだり!

絵本を読んだりして楽しみましょう!

サービスについて

サービスについて一部ではありますが、ご紹介したいと思います。

このように各種ドリンクやスナックが並んでいます。

  • サントリー;モルツ
  • キリン;一番搾り
  • アサヒ;スーパードライ

食事は「あられミックス」です。

新聞や雑誌もあります。

あられミックスをつまみにビールを飲み干し、ラウンジを満喫したら・・・

エスカレーターを降りて搭乗口へと向かいましょう!

まとめ

今回は羽田空港国内線のサクララウンジについてご紹介しました。羽田空港の国内線サクララウンジは国内線ファーストクラス搭乗の方、JAL上級会員の方だけでなく一般の方々も1人3,000円で利用することができます。

国内線の場合、基本的にはカードラウンジとそれほど変わりないサービス内容ですが、違いは座席数に余裕があったり、お酒が飲み放題だったり、シャワーを利用できたりとメリットもありますので、旅行やビジネスの際はぜひ検討してみてください。

スポンサーリンク



トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です