ライフカードが改悪となった今でもオススメできる理由とは何か?

2017年7月1日から「ライフカードの改悪」が発表されました。今回はどんな点が改悪され、またメリットはあるのか?をご紹介した上で、それでも「ライフカード」がお得であることをご紹介していきたいと思います。

ライフカードの改悪とは何か?

2017年7月1日からの「ライフカードの改悪」とは以下をご覧ください。

  1. 誕生月ポイントが5倍→3倍に改悪(2017年7月より前に入会した方は、2018年4月から3倍となる)
  2. ANAマイルやGポイントへの交換が改悪
  3. ETC、Edyとnanacoチャージがポイント対象外に
  4. 家族へのポイント移行が廃止

気になる改悪点は以上となります。この中で一番驚いたのは「誕生月ポイントが5倍→3倍に改悪」に改悪されたことです。

ポイントプログラムについて

ライフカードは「1,000円につき1ポイント」が付与されます。少ないように思えますがこの1ポイントは5円相当分なので、還元率は0.5%となります。つまりごく普通のカード還元率です。しかし誕生月は5倍2.5%還元でした。非常に高還元率のカードだったのです。

これが今回の改悪で誕生月は3倍の1.5%還元にダウンしてしまいました。1%もダウンしてしまうのは痛いですね。

ANAマイルやGポイントなどへの交換

ポイント交換先 交換最小単位 移行先(改悪前後) 還元率(改悪前後) 誕生月還元率(改悪前後)
ANAマイル 300 900→750 0.30%→0.25% 1.50%→0.75%
Gポイント 300 1500→1200 0.50%→0.40% 2.50%→1.20%
dポイント 300 1500→1500 0.50%→0.50% 2.50%→1.50%
楽天スーパーポイント 300 1500→1500 0.50%→0.50% 2.50%→1.50%

※上の表は代表的な交換先を抜粋したもの

ANAマイル、Gポイントへの交換は結構下がりました・・・。ただし、ANAマイルに関してはもう少し多く貯めることができます。それは「ソラチカルート」です!

本日はANAマイルを貯めるための必需品「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」をご紹介します。2017年現在、このカードがあるからANAマイルを爆発的に貯め...

Gポイント(1200)→メトロポイント(1200)→ANAマイル(1080

300ポイントで交換した場合、上記の750マイルよりも330マイル多い1080マイル獲得できます!

Gポイントの注意点!

※Gポイントでは交換ポイント数とは別に、交換手数料【交換ポイント数の5%】が必要です。 ただし、ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに、対象サービス(ショッピング/登録応募の利用等)でのポイント獲得が完了していれば手数料(期間中に利用した交換手数料還元対象すべて)が戻ります。

現在でもオススメできる理由とは

ここまで改悪点ばかりご紹介してきました。ここからは「ライフカード」が現在でもお得であるという点をご紹介して行きたいと思います。

  1. 入会後1年間はポイント1.5倍還元率;0.75%)
  2. ポイントプログラムが1倍、1.5倍、1.8倍、2倍
  3. ポイント有効期間が5年間
  4. 年会費無料
  5. ポイントサイトから発行することでかなりお得に!(最重要)

以上の4点がオススメできる理由となります。それぞれ確認していきましょう。

入会後の1年間はポイントが1.5倍

入会してから初年度はポイントが1.5倍になるのでとてもお得です。誕生月と合わせて初年度にたくさんのポイントを獲得しましょう!

ポイントプログラム

ライフカードのポイントプログラムが以前と変わりました。こちらは改良となっています。

新しく加わったのが「ロイヤルステージ」です。ただし年間100万円は正直きついです。月およそ84,000円の決済が必要です。しかもETC、Edyとnanacoチャージがポイント対象外となっているのでさらに厳しい状況なので、ここは無理せず年間50万円以上を狙いましょう!スペシャルボーナスの300ポイントももらえますし。

ポイント有効期間

「ライフカード」のポイント有効期間は他のクレカと比較しても長めの5年となっています。5年あれば比較的多くのポイントが貯めやすくなりメリットであると思います。

ただし、注意点があります。

通常はポイント有効期間は2年です。5年にするためには「会員向けWebサービス(LIFE Web Desk)」にログインし、ポイント繰越手続きをします。毎年ポイント繰越で最大3年間までポイントを貯めることができます。これで最大5年間のポイントを貯められます。

年会費

年会費は無料ですのでこれもメリットです。この後ご紹介するポイントサイトからの発行のためには、「年会費無料」は結構重要ポイントで家族のカードを発行する際、家族カードではなく本会員カードで発行しましょう!なぜなら年会費無料でポイントサイトのポイントも貯まりますので。

ポイントサイト経由で発行(重要)

今回の記事で最も重要なのはココです。「ライフカード」を発行するにはポイントサイトを経由して発行しましょう!なぜなら多くのポイント(ポイントサイトのポイント)がもらえるからです。

各種ポイントサイトがあるためあなたが最終的に何に交換したいのかでポイントサイトを選びましょう!お小遣い稼ぎつまり現金に換金希望の方は「げん玉」がオススメです!なぜなら他のポイントサイトと比較しても非常に高ポイント案件が頻発するからです。

ライフカードを見てみると・・・

9,050円相当のポイントがもらえます。先ほどの家族のカードも本会員で発行すれば2倍の18,100円相当のポイントが家族でゲットできます。お小遣い稼ぎでしたら申し分ないですよね。旅行などの足しにもできます。

まとめ

非常に大きな改悪のあった「ライフカード」ですが、今でも十分にオススメできます。発行だけでお小遣い稼ぎ分のポイントがもらえますし、年会費も無料なので気にせず保有できます。まだお持ちでない方はぜひ「ライフカード」を検討してみてください。




トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です