2018年妻が地方からJGC修行へ3回目!初めての国内線ファーストクラス&ついにやらかした!

妻のJGC修行3回目は、6レグのフライト日程でした。今回の注目ポイントは初めての国内線ファーストクラス(那覇→羽田)に乗る事でした。優雅なフライト素晴らしい体験だったみたいですが、旅も慣れてきた今回はついにやらかした事も・・・

スポンサーリンク

修行3回目の日程

今回は少し長めの日程でした。5日間で6レグのフライトです。

  • 1月29日;羽田→那覇・クラスJ(特便割引21)
  • 1月30日;那覇→羽田・クラスJ(特便割引21)、羽田→那覇・クラスJ(特便割引21)
  • 2月1日;那覇→羽田・ファーストクラス(特便割引21)、羽田→那覇・クラスJ(特便割引21)
  • 2月2日;那覇→羽田・クラスJ(スーパー先得)

以上のような日程で12,820FOP獲得の予定でした!しかし・・・

いよいよ初のJAL国内線ファーストクラスへ搭乗!

今回は那覇から羽田の便で初のファーストクラスに搭乗しました。妻の実体験を基に「空港サービス」と「機内サービス」の2つについてご紹介します。

那覇空港でのファーストクラスのサービス

  • 専用のチェックインカウンター
  • 専用の保安検査場
  • サクララウンジの利用
  • 優先搭乗
  • 搭乗後の荷物を優先的にピックアップ(預け荷物ありの場合)

以上の4つのサービスとなりますが、今回妻は「タッチ&ゴー」で通過するためチェックインカウンターへはいきませんでした。

ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場

まずは保安検査場ですが、通常の検査場とは違いファーストクラス搭乗の場合は「ダイヤモンド・JGCプレミア専用保安検査場」を利用することができます。この場所を利用できるのは・・・

  1. ファーストクラス搭乗者
  2. ダイヤモンドメンバー
  3. JGCプレミアメンバー
  4. ワンワールド・エメラルドステータス

以上の方々のみが利用できます。今回はすごく貴重な体験です。妻には前日から「専用の保安検査場を使えるよ」と話していましたが、いざ当日空港へ行くと緊張もあってか場所がわからずだったみたいですが、それっぽいおじさんについて行ったら発見できたそうです。

サクララウンジ

無事に保安検査場を通過し、続いては「サクララウンジ」の利用です。

ラウンジ内は落ち着いた雰囲気だったみたいですが、混雑していたようです。ほとんどがビジネスマンだったようです。

沖縄らしいドリンク「オリオンビール」「泡盛」「シークァーサージュース」「ウコン茶」などがあります。

妻は「ラウンジではソフトドリンクだけにしてアルコールは機内で飲む!」と言っていました。

しかし、緊張もあってビールを飲んだみたいです。

優先搭乗

続いての空港サービスのは「優先搭乗」です。 ファーストクラスの搭乗の場合は事前改札サービスの次に乗ることができます。機内に入ってからも余裕を持って着席することができます。

今回は預け荷物はないため「荷物の優先ピックアップ」は利用なし。

スポンサーリンク

機内サービス

続いては機内でのサービスになります。ファーストクラスのサービスとは一体・・・

ファーストクラスのシート

高級感のある本革のシートです!

ファーストクラスのブランケット

こちらはクラスJのブランケット

食事サービス

2月上旬の羽田着便の朝食になります。メニューは時間帯と羽田発着によって違います。

メニュー

  • ベーコンと野菜のトーストサンド
  • クロワッサン
  • ロワイヤル
  • チキンのサラダ
  • チキンクリームスープ
  • フレッシュフルーツ

ドリンクサービス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはアルコールの内容、種類です。妻はシャンパンをいただいたそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソフトドリンクなどはこちらです。

その他のサービス

  • モバイルバッテリーの貸し出し
  • ヘッドフォン
  • 専用スリッパ
  • 新聞
  • クッション
  • JALオリジナルの香りのおしぼり
  • 上着の預かりサービス

などです。

空港サービス」も「機内サービス」も充実していたみたいです。とにかく初めての経験で緊張したみたいです。

ついにやらかした・・・!

なんでも慣れてきた頃に失敗するものです。妻も修行3回目でそろそろ慣れてきた頃、ついにやってしまったのです。

それは1月30日の沖縄→羽田のクラスJに搭乗の便でした。空港には30分前ぐらいに着けば大体大丈夫だろう!と妻は思っていました。いつも飛行機の出発は10分は遅れているし、今日も大丈夫だろう・・・

予定してたゆいレールに乗ろうとしたのですが、そのゆいレールに間に合わず次のを待ちました。それでも空港に着くのは約20分前だから大丈夫!

しかしこの過信が後の失敗につながったのです。

空港に着き、いつものように「保安検査場」へと向かいました。混んでいるわけではなかったみたいですが、何やら前のお客さんがやたらと時間がかかっているみたいでした。

JALサイトの搭乗の仕方には

保安検査場にて便出発15分前を過ぎますと、お乗りいただけない場合がございます。

搭乗口の改札機にて出発時刻の10分前を過ぎますとお乗りいただけない場合がございます。

と記載されています。

前のお客さんは何がダメなのか!?時間が刻一刻と迫ってきます。

そしてリミットの15分前となり、いつものように端末機にスマホをかざすと・・・

なんとエラーに!

空港職員の方に「ちょっとこちらに来てください。」と言われついて行くと、別の職員の方に引き継ぎ

空港スタッフ
いつから並んでいましたか?
搭乗20分前から並んでいました。飛行機に乗れないのですか?
空港スタッフ
そうなんですね。搭乗はできますが、クラスJの席はキャンセル扱いとなり、別のお客様の座席となりました。
時間はちょうど15分前なのですがダメなのですか?

ここで妻も無理なのか聞いてみるも結果は変わらず

空港スタッフ
では普通席の手配をします、窓側の席でよろしいでしょうか?
わかりました。お願いします

保安検査場を通過しまた別のスタッフと変わりました。ちょっと急ぎながら小走りで

空港スタッフ
〇〇様、本日は那覇から羽田・・・いや日帰りの往復ですね?
そうです(ちょっと恥ずかしい)
空港スタッフ
では、羽田→那覇の復路便もカウンターにて発券します。

カウンターにてチケットを発券してもらい、さらにクラスJの差額1,000円は返金となりました。

なんとか搭乗するも「普通席」にダウングレード。窓側の席だったのですが窓が付いていなかったみたいです。

出発時間の15分前には空席待ちの方の呼び出しがあります。今回はたまたま定刻出発で、妻が保安検査場の端末機にタッチした時にはキャンセル扱いとなり他の方に座席がいってしまったようです。FOPにはさほど影響はありませんでした(12,820FOP→12,624FOP)が、飛行機に乗るときは時間には十分に注意しましょう!

まとめ

今回のJGC修行3回目は初めてのファーストクラス体験とついにやらかした体験についてご紹介しました。ファーストクラスはなかなか乗ることができないため貴重な体験となりました。そしてなんでも慣れてきた頃が1番危ないです。旅慣れしたとしても時間に余裕を持った行動をしましょう。

スポンサーリンク



トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です