【改悪】リクルートカードでnanacoやモバイルSuicaなど電子マネーチャージでのポイント加算対象の上限が設定されました!

とうとうリクルートカードでの電子マネーチャージに対するポイント加算について、改悪ニュースが発表されました。先日残ったのはリクルートカードのみですとご紹介してから僅か5日でのことです。リクルートカードはどんな内容に変更になるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

変更内容

  • 変更開始日;2018年4月16日(月)〜
  • ポイント加算対象;利用金額の合算で月間30,000円までがポイント対象

対象となる電子マネーチャージ

JCBブランド nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
Mastercard / Visaブランド nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

電子マネーチャージは全て改悪といった状況です。

重要事項

  1. 合算で30,001円以上のご利用分はポイント加算の対象外
  2. 利用金額の対象はそれぞれの電子マネーの合計金額ではなく、すべての電子マネーの合算金額
  3. 2018年4月15日(日)以前の利用分でも、2018年4月16日(月)以降にカード会社へ売上データが到着した場合、上記のポイント対象外となる。

今後の対応

30,000円以内のチャージに関しては今まで通りの方法で良いのですが、各種税金や年金、国民健康保険などをnanacoで支払っていた方々は30,000円では足りない場合が多々あるかと思います。特に家族の分も一緒にとなると余裕で超えてしまうでしょう。

  • 国民年金;従来通りnanacoあるいは国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書を提出しクレカで支払いをする。
  • 国民健康保険;nanacoを利用、Yahoo!公金支払い(可否あり)
  • 自動車税;Yahoo!公金支払い
  • 住民税;nanacoを利用、Yahoo!公金支払い(可否あり)

など一部を列挙しましたが、国民年金保険料クレジットカード納付(変更)申出書は可決されるまでに時間がかかりますし、Yahoo!公金支払いは手数料がかかったり、クレジットカード払い可能な地区が限定されていたりとやはりnanacoがよかったなと思います。

しかし4月16日から変更することは決定なので、今までnanacoで支払っていた方は各自対応していきましょう!

ちなみにnanacoクレジットカードチャージに関しては以下をご確認ください。

本日は電子マネー「nanaco」に関する話しです。税金や年金など毎年多くの支払いをしている方は必見です。今回は全体的に話しが長いのでサクッと読む場合は重要と超重要...

まとめ

今回はリクルートカードでの電子マネーチャージに対するポイント加算について上限が設定されたという内容の話でした。非常にショックな内容でしたが、30,000以内ではポイント加算も従来通りなのは救いでした。楽天カードなどはそもそも対象外となってしまいましたので。最近はクレカ関連は改悪続きで凹みますが、今までにない朗報を今後期待しながら頑張りましょう。

スポンサーリンク



トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です