マイルとは何か?マイルの基本から学びましょう!

本日はマイルについて基本から学んでいこうと思います。よく「俺はマイルを貯めてる!」や「この前貯めたマイルで旅行に行った」などという話を聞くことがあると思います。一体マイルとはなんなのでしょうか?

これを読めばマイルの基本はわかるように解説してあります。さらに基本的な貯め方、使い方もご紹介します。これからマイルを貯めようとお考えの方はぜひご覧ください。

マイルとは?

マイル=マイレージでどちらも同じ意味です。マイルは航空会社が提供しているポイントプログラムのことで、クレカの場合はポイント、航空会社の場合はマイルと呼んでいるだけです。

マイル(マイレージ)=ポイント制度と認識していただいて問題ありません。

ちなみに国外の場合はFFP(フリークエントフライヤープログラム)と呼ばれています。日本ではこの言葉は使わず「マイレージプログラム」または「マイレージサービス」と呼ばれるようになりました。

世界で初めてマイレージサービス提供をしたのはアメリカン航空なんです。

日本国内のマイレージプログラムは?

日本国内にもいくつかのマイレージプログラムがあります。代表的なものは・・・

  
  • JALマイル=JAL Mileage Bank(JALマイレージバンク)(JMB)(ワンワールド加盟)
  • ANAマイル=ANA Mileage Club(ANAマイレージクラブ)(AMC)(スターアライアンス加盟)

どちらかをもしくはどちらもマイルを貯めるのが良いと思います。もちろん一つに絞った方がよりマイルがたまりますが、やり方によってはどちらもマイルを貯めることは可能です。またマイルには有効期限があり3年間となります。

このほかにもスターフライヤーソラシドエアなどでもマイレージプログラムはあります。

海外のマイレージプログラムは?

  • ユナイテッド航空(マイレージプラス)
  • デルタ航空(スカイマイル)
  • アメリカン航空(アドバンテージ)
  • ブリティッシュエアウェイズ(エグゼクティブクラブ)

などなど多くの航空会社でマイレージプログラムがあります。海外のマイルの場合は国内のマイルとは大きな違いがあります。それは・・・有効期限が実質無期限なのです。なので期限を気にせずに貯められます。

マイルが貯めれば何ができるの?

実際にマイルがたまれば何ができるのでしょうか?無料で飛行機に乗れるイメージが強いと思いますが、それだけではないんです。どんなことができるか確認していきましょう。JALとANAについてご紹介します。

マイルの価値は高い!おおよそ1マイル=3〜5円ほどになります。

飛行機に無料で乗れる!

まずはマイルを貯めての一番の恩恵は、無料で飛行機に乗れることです!国内、海外問わず無料で飛行機に乗れます。旅費の中でも大部分を占める交通費、航空券分が丸々浮くとホテル代金や食費などにお金をかけることができますよね!

例えばあなたがSPGアメックスをお持ちでしたら、航空券はマイルでホテル代はSPGアメックスの無料宿泊得点やポイントを使用すれば、飛行機の代金とホテル代金が無料になります。非常にお得に旅行することができますね!

SPGAMEX(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)をご存知でしょうか?一般的にはアメックスといったらグリーンカードやゴールドカードが...

ただし注意点もあります。マイルで交換できる特典航空券は定員数が決まっています。なので席が埋まっている場合は使えません。GWや夏休みなどの繁忙期は特に取りにくくなるので早めに席を確保しなければなりません。

また海外の渡航に関しては燃油サーチャージや空港利用税などが別途かかりますので完全に無料ではありません。

座席のアップグレードが出来る

続いてはマイルを使用して座席をアップグレードすることができます。

エコノミークラスの方→ビジネスクラスへ

ビジネスクラス→ファーストクラスへ

例;ANAの場合(1区間(片道)あたりの区間基本マイレージと必要マイル数)

1区間(片道)の距離区間基本マイレージ プレミアムエコノミー・エコノミークラス→ビジネスクラス ビジネスクラス→ファーストクラス
0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500 18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 35,000
4,501~5,500 25,000 40,000
5,501~ 28,000 45,000

区間基本マイレージの確認はこちら

  • エコノミークラスからファーストクラスへのアップグレードはできない
  • 便によっては利用できない場合がある
  • パッケージツアーや対象となる予約クラス以外はアップグレードできない
  • 日本の国内線区間はアップグレードできない

例;JALの場合(日本発着1区間あたり必要マイル数(片道))※ファーストクラスへはビジネスクラスからのみアップグレードが可能です。表の目的地は一部のみです。

出発地・目的地エリア アップグレード先クラス 日本
通常マイル 空港当日申し込みサービス ディスカウントキャンペーン※
韓国 プレミアムエコノミークラス 9,000 7,000
ビジネスクラス 12,000 9,000
ファーストクラス
ヨーロッパ プレミアムエコノミークラス 20,000 15,000
ビジネスクラス 33,000 27,000
ファーストクラス 48,000 42,000
ハワイ プレミアムエコノミークラス 15,000
ビジネスクラス 25,000
ファーストクラス 30,000
北米 プレミアムエコノミークラス 20,000 15,000
ビジネスクラス 30,000 24,000
ファーストクラス 45,000 39,000

※2017年4月1日(土)~2018年3月31日(土)の期間で対象路線において、JAL国際線アップグレード特典 空港当日申し込みサービスを利用すると、 通常より少ないマイルで利用できるキャンペーンをやってます。

 

  • 対象でない区間・クラスおよび上位クラスが設置されていない便は利用できない
  • 日本国内線は利用できません
  • 他社運航コードシェア便は利用できません。また、JAL運航コードシェア便でも他社便名で航空券を持っている場合は利用できません。
  •  一部対象とならない区間があります。また、対象とならない区間・便は今後予告なしに変更される場合がある

航空券やツアー購入に使えるポイントに交換

マイルを航空券やツアー代金に使用できるポイントに交換することができます。

  • JALマイル→e JALポイント
  • ANAマイル→ANA SKY コイン

e JALポイント基本情報

5,000マイル→5,000eJALポイント10,000マイル=15,000eJALポイント(15,000円相当)から、5,000マイル単位で交換できます1ポイント=1円相当として使用できます。

e JALポイント有効期限は特典交換を行った日の1年後の同月末です。10月1日に特典交換を行った場合の有効期限は翌年10月31日となります。

ただし、マイルからeJALポイントに交換するたびに有効期限は延長されます!!ここがANAとの違いです。つまり実質有効期限なしです。

ANA SKY コイン基本情報

1マイル=1コイン(1円相当)から交換できます。10コイン単位から利用できます。また10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブ会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が1.2倍~1.7倍に変動します。1ポイント=1円相当として使用できます。

マイルからANA SKY コインに交換した場合、ANA SKY コインの有効期限は交換月より12カ月目の末日までになります。4月1日発行→翌年4月30日まで有効

この段落の冒頭で記載したようにマイルの価値は高いです。そのため「e JALポイント」や「ANA SKY コイン」に交換した場合は価値が下がります。しかし絶大なメリットもあるのです。それは・・・

  • マイル交換の特典航空券ではなく一般購入と同じなので空席が有る限り予約できる。
  • ツアー代金としても使用できる
  • 燃油サーチャージ代金にも使用できる

現金と同じような扱いになるため空席があれば航空券は買えますし、ツアー代金だって支払えます。もしマイルでの特典航空券がとれなければこのようなポイントに交換して使用すると良いでしょう!

電子マネーや共通ポイントに交換する

これは一応ご紹介しておきます。貯めたマイルを電子マネーや共通ポイントに交換することができます。

  • JALマイル→WAONやPontaポイントなど
  • ANAマイル→楽天Edyや楽天スーパーポイントやTポイントなど

ただしこの方法は「マイルの価値」が下がりますのでオススメではありません。

その他の使い方

他にもたくさんの使用方法があります。

  • 商品に交換
  • 各種クーポンや商品券に交換
  • ホテルやレストランで使用できるクーポンに交換

などたくさんあります。詳細は各航空会社のサイトをご確認ください。

たくさんの使用方法がありますが「最も良いのは特典航空券の発券」です。次は各々違うと思いますが、私の場合は「e JALポイント」や「ANA SKY コイン」に交換です。マイルの価値は下がりますがポイントの汎用性は高いので!

マイルを貯めるには何をすれば良い?

マイレージプログラム加入方法とは?

マイルを貯めるには、まず貯めたい航空会社の「マイレージプログラム」に加入しましょう。その方法は3つあります。

  1. 航空会社のサイトから申し込む。ANAやJALなどの航空会社のサイトから年会費無料ですぐに申し込むことができます。
  2. 航空会社提携のクレジットカードを申し込む。ANAカードやJALカードを発行することでマイレージプログラムに加入することができます。
  3. 空港や飛行機搭乗時に申し込み用紙をもらい加入する。

この中でオススメは②のクレカの発行です。なぜならこの中で一番マイルが貯まるからです!なので上記の加入方法で迷うことはありません。クレカを発行しましょう!クレジットカード発行は「ポイントサイト」経由がお得です。

     
ポイントサイトをご存知でしょうか?私の周りでも知っている方、実際に使っている方は少ないのでまだあまり知られていないと思われます。今回はポイントサイトとは何か...

マイルの貯め方

  1. 飛行機に乗って貯める
  2. クレジットカードを使って貯める
  3. 電子マネー利用で貯める
  4. ポイント交換で貯める
  5. ポイントサイトを使って貯める(超重要)
  6. クレジットカード紹介で貯める
  7. クレジットカード入会キャンペーンで貯める

マイルの貯め方はたくさんありますが、たくさんのマイルを貯める方法は限られています。上記の中で必ず押さえておかなければいけないのは「ポイントサイトを使ってマイルを貯める」です!これは飛行機にすごく乗る方も全然乗らない方も共通です。この方法が現在最もマイルが貯まる方法です!

さらにポイントサイトを使った方法で最も貯まるのは「ANAのマイルです」

もちろんJALも貯められますが、圧倒的にANAマイルの方が貯まるのです!なぜならANAには「 ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」があるからです。

ここではさわりの部分だけご紹介します。これは非常に重要な部分なので別記事でご説明します。

本日はANAマイルを貯めるための必需品「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」をご紹介します。2017年現在、このカードがあるからANAマイルを爆発的に貯め...

まずポイントサイトだけを使った場合のANA、JALそれぞれ1年間で貯まるマイル数は?

ANAマイル→月18,000マイル×12ヶ月=216,000マイル

JALマイル→月10,400マイル×12ヶ月=124,800マイル

このように桁違いのマイルが貯まります。例えば10,000マイル貯めるためにカード決済で貯めるには、高還元率のカードでも通常100万円使用する必要があります。下図を見ていただければお分かりいただけると思いますが、1ヶ月あれば「JALマイル」も「ANAマイル」も10,000マイル以上貯まります。

この爆発的にマイルを貯めるには以下のルートに沿っていきます。

追記;2018年4月から以下のルートは使用できなくなりました!

最新の大量ANAマイルの貯め方は、LINEポイントを利用し新ソラチカルートを使った方法が最もマイルが貯まります。今回は各種ポイントサイトからPeX、Gポイント、LINEポイ...

これを見てもよく分からない方がほとんどだと思います。今後徹底的にご説明します。たくさんのマイルを貯めたい方はすぐにでもポイントサイトに登録しポイント獲得から始めましょう。「ポイントサイトで20,000円相当のポイントを貯める」と記載がありますがしっかりと行えば必ず貯まりますのでご安心を!

今回ご紹介したポイントサイトは以下です。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ モッピー!お金がたまるポイントサイト PONEYは、おかげさまで10周年!! ポイントを貯めて、交換手数料無料で現金やギフトカードをGET!

その他クレカ決済やカード申し込み時のキャンペーンなどを組み合わせればもっと多くのマイルを貯めることができるのです。

このキャンペーンも各サイトを確認していただけるとお分りいただけますが、圧倒的にANAマイルの方が上です。

マイルを貯めるためにに、メインは「ポイントサイト」サブは「クレジットカード決済」で貯める方法が良いかと思います。

どのくらいマイルがあれば航空券が無料で貰えるのか?

ここは大事なところですので、ANA、JALそれぞれ比較してみましょう!東京からの代表的な路線をピックアップしました。詳細は各ホームページをご覧ください。

東京からの目的地 ANAマイル JALマイル
国内線特典航空券 東京→大阪 L 10,000(5,000)
R12,000(6,000)
H15,000(7,500)
12,000
(6,000)
東京→沖縄 L 12,000(6,000)
R15,000(7,500)
H18,000(9,000)
15,000
(7,500)
東京→札幌 L 14,000(7,000)
R18,000(9,000)
H21,000(10,500)
東京→石垣 L 17,000(8,500)
R20,000(10,000)
H23,000(11,500)
20,000
(10,000)
国際線特典航空券 東京→韓国 Y12,000~18,000
C25,000~33,000
Fー
Y10,000
C12,000
F15,000
東京→ハワイ Y35,000~43,000
C60,000~68,000
Fー
Y40,000
C60,000
F80,000
東京→ヨーロッパ Y45,000~60,000
C80,000~95,000
F165,000~180,000
Y70,000
C110,000
F160,000
東京→北米 Y40,000~55,000
C75,000~90,000
F150,000~165,000
Y50,000
C100,000
F140,000
備考 L ;ローシーズン
R;レギュラーシーズン
H;ハイシーズン
シーズン関係なし

単位;マイル、()内は片道利用時の必要マイル数

Y;エコノミークラス、C;ビジネスクラス、F;ファーストクラス

基本的には代表路線でこのような必要マイルチャートになります。先ほど「マイルの貯め方」でご紹介した方法ですと世界中どこでもほぼどのクラスでも利用可能ですね!

憧れのファーストクラスだって乗れちゃいます!!

いつから特典航空券は予約できるの?

JALの場合

国内線;搭乗日の2ヵ月前の同日9:30から、搭乗日の前日から数えて4日前の23:59まで

国際線;予約の申し込みは、出発の前日起算で330日前の10:00から受付開始、申し込み受付期限は、出発の前日起算で4日前12:00まで

ANAの場合

国内線;搭乗2カ月前の同一日午前9:30から搭乗日4日前まで

国際線;搭乗の355日前の午前9時(日本時間)から搭乗日4日前まで

マイルQ&A

ANA、JALどっちのマイルが良いの?

国内線であれば大差ははない。国際線ではANAが世界最大級の航空グループの「スターアライアンス」に加盟しているため、提携航空会社の数が多い。提携航空会社でもANAマイルは使用できるため有利。

獲得マイルで考えればANAマイルの方が圧倒的に貯まります。しかしポイントサイトを使った方法が段々世間に浸透してきているため特典航空券を取るのが難しくなってきている。JALの方が特典航空券が多少取りやすい。これらを踏まえて決めましょう。

ANA、JAL両方のマイルを貯めるのは良くない?

結論から言うと問題ないです。なぜなら上記の方法で貯めればどちらもかなり貯まるからです。もちろんどちらかに集中させてマイルを貯めた方がたくさん貯まります。あなたの貯めたいようにしていただいて問題ありません。くれぐれも「ポイントサイト」を使ってマイルを貯めるようにしましょう。

マイルをと交換できる特典航空券はなかなか取れないの?

上記でもご説明したように特典航空券にはもともと席数が少ないため人気路線はすぐに埋まってしまうのは事実です。そのためなかなかマイルが使用できないこともあります。特にご家族で旅行に行く方、繁忙期にしか旅行に行けない方など特典航空券を取るのは至難の技です。

特典航空券を発券するための技もありますが、上記のように大量マイルを獲得していれば、「e JALポイント」や「ANA SKY コイン」に交換するのも賢い使い方であると思います。なので特典航空券だけに捕らわれず臨機応変に対応していけば良いと思います。

まとめ

今回はマイルの基本についてのご紹介でした。「マイルとは何か?」「マイルを貯めたら何ができるのか?」「マイルの貯め方」をまずは押さえましょう!

マイルを貯めたら無料で飛行機に乗れます!特典航空券がとれなくても他の使い方ができます。マイルの貯め方は陸マイラーはもちろんのこと、飛行機に多々乗られる方でも「ポイントサイト」を利用してたくさんのマイルをGETしましょう!

リッチな旅行を実現するためにもこれからマイルを活用してみましょう!


クレジットカードランキング




トラベル系最強クレカ
SPGアメックス

「毎年無料宿泊特典」がもらえ旅費を節約でき、さらにゴールドエリート(上級会員)で優雅な旅行をしましょう!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です